保険の賢い見直し方を保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料でアドバイスします!|生命保険|学資保険|見直し|比較|無料相談

ファイナンシャルプランナーによる無料保険相談サイト!

カンプ・ノウが見える生活 2日目

今日も朝起きてベランダから目の前に見えるカンプ・ノウにウットリしながら1日が始まりました。

午前中は、FCバルセロナ・ジュニアサッカースクール対抗サッカー大会を見学。約100チームぐらいがハーフコート4面を使って7対7のゲームがテキパキと組まれていました。FCバルセロナだけではなくスペイン国内のジュニアサッカーは7対7がオーガナイズである。未だに11人制にこだわってお団子サッカーを子どもたちに強制している国はさてどこでしょうか・・・?そして、スペインでは子どもたちの試合は《1日1試合》が絶対で、1日数試合させる国もさてどこでしょうか・・・?

とにかく子どもたちの《育成》を考えて、合理的にルールを決めているのがスペイン流。
1、オフサイドはペナルティエリア内だけ!
2、ゴールエリアはない!
3、ゴールキックはペナルティエリア内のどこから蹴ってもよい!

まずゴールエリアがないことに驚いたが、合理的に考えてみれば《必要ない》と私も思う。日本のジュニアサッカーでよく見られるシーンが、子どもたちはキック力がないためゴールキックがほとんど飛ばず、ゴールキックで敵にチャンスを与えてしまうシーンがよくあるからである。さらにFCバルセロナ流では、日本のようにゴールキックやキーパーのパントキックを思い切り蹴るシーンは1回も見られなかった!必ずサイドバックにパスしてからスタートしてゲームを組み立てていたのには驚いた!FCバルセロナ・ジュニアサッカースクールを見学して驚いたことはまだまだ沢山ありますが、全てをお伝えできなくて残念です。

夕方からは、友人の社会人チームに参加させてもらって7対7のゲームを実際にプレイしてみました。7対7のゲームは初めてなので、《オフサイドがない》ことに戸惑っていると、何と私のミスで2失点してしまいました。バルセロナに来て昨日のフットサルと7対7のゲームで2連敗となってしまいが、ゲーム後チームメイトのスペイン人たちが明るく声をかけてくれたので、気が少し楽になりました!

夜10時からは《クラシコ》をカンプ・ノウで観戦。まず、夜10時のスタートに驚いてしまったが、スタジアムに入って3階席から見下ろすピッチは最高でした!ゲームは、前半1人退場で数的不利になったFCバルセロナがメッシーのハットトリックの活躍で3対3の引き分けとなり、何とか勝点1をもぎ取った試合でした。とりあえず、FCバルセロナが暫定1位となりましたが、1位のセビージャにとってはありがたい引き分けになりました。セビージャの試合は明日行われますが、チケットが取れたので、こちらも観戦して来ようと思います!

※この記事は、日本に帰国してから書いています!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: カンプ・ノウが見える生活 2日目

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.lifeplan-support.com/mt/mt-tb.cgi/14