保険の賢い見直し方を保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料でアドバイスします!|生命保険|学資保険|見直し|比較|無料相談

ファイナンシャルプランナーによる無料保険相談サイト!

バルサキャンプ2009開催

2009年もFCバルセロナキャンプが開催されます。(2007年、2008年の名称はFCバルセロナキッズキャンプでした。)

「子供達の夢と挑戦する気持ちを応援するプロジェクト」として、2007年と2008年に当社とASLJ社との共催で当イベントを開催してきましたが、諸事情により2009年から当社は当イベントから離れることになりました。取り急ぎ、ご報告いたします。

子供達の成長する姿を見るのがとても楽しみでしたが、バルサから十分エッセンスを吸収することが出来たこと、自分の目標を再確認するために、当イベントから離れることを決めました。

2007年に当イベントを開催するきっかけは、「日本サッカーを強くするためにはジュニアの育成方法を変えなければならい!」という強い想いから、FCバルセロナのスクールコーチの協力を得て2007年と2008年に当イベントを主催してきました。

当イベントでは、「本物のサッカー」を子供達に学んでもらうために、また日本の子供たちに一番足りないスキルを学んでもらうために、ドリブル練習やキック練習などの「基礎トレーニング」を一切行わずに「戦術トレーニング」のみに特化した今まで日本では行われなかったスタイルのキャンプを開催しました。

おそらく、世界中で行われているバルサキャンプの中で「戦術トレーニングのみに特化したキャンプ」は日本だけでしょう。

確かに、参加者や保護者の中から「メッシみたいなドリブルが出来るようになりたい!」という声はありました。

しかし、一切妥協せずに戦術トレーニングのみを行った理由は、未だに日本のジュニアサッカーの指導方針は「お団子サッカー」を推奨しているのですが、戦術を全く知らない日本の子供達がいくら技術を身につけても、その技術ははオシム氏が語るように「サーカスの技術」なのです。

「サーカスの技術」では、Jリーグで通じても世界では通用しません!

バルサスクールコーチ達も「日本の子供達は技術は高い!でもサッカーは下手!」と評価してきました。

そう簡単に日本の子供達、保護者、指導者の価値観が変わるとは思いませんが、私たちの想いが「百匹目の猿現象」を起こしていくのを信じています。

そのためには、同じ理性や価値観を持つ人たちと共に仕事をしていくことが大切だと気付きました。

バルサというブランドを使用すれば高額なイベントになるのは仕方のない事なのですが、「もっとより多くの子供達に本物のサッカーとは何かを知ってもらいたい!そのチャンスを与えたい!」という想いを共有できる新しい仲間と共に「百匹目の猿現象」を起こしていくのを楽しみにして下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: バルサキャンプ2009開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.lifeplan-support.com/mt/mt-tb.cgi/65