保険の賢い見直し方を保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料でアドバイスします!|生命保険|学資保険|見直し|比較|無料相談

ファイナンシャルプランナーによる無料保険相談サイト!

「夢を持つこと、夢を叶えること」

引き続き、FCバルセロナキッズキャンプのリポートです。

キッズキャンプでは、トレーニング以外に昼の講座と宿泊者だけが受ける夜の講座を行いました。参加者全員が受ける昼の講座では、バルサコーチによる戦術講座やカラン語の講座を行いました。夜の講座は、話を聞くだけの講座というよりも子供たちにいろいろと体験させるワークショップを行いました。

夜のワークショップとしてフィジカルトレーニングでは、最近注目されている「ゆるトレーニング」を運動科学総合研究所の指導員から指導して頂きました。メンタルトレーニングでは、リゾート&スポーツ専門学校のトレーナーから「集中力の高め方」を指導して頂きました。

またユニセフ様からは「FCバルセロナとユニセフがなぜパートナーシップを結んでいるのか?」「ユニセフが世界でどんか活動をしているのか?」などのお話しを頂きました。アフリカの子供たちの現状をビデオで見て感極まって泣いている子供がいて、つい私もウルウルしてしまいました。

さて、第3クールだけ夜の講座に私の講座を設けました。講座で何を話そうか当日まで悩みましたが、最終的に「夢を持つこと、夢を叶えること」というタイトルにしました。

講座では、まず子供たちの夢を聞くことからスタートしました。

「君達の夢は何ですか?」

一人一人みんなの前に出させて自分の夢を発表させました。

「FCバルセロナの選手になりたい!」

ナント全員がFCバルセロナの選手になりたいという夢を発表してくれました。FCバルセロナのキッズキャンプに参加している子供たちだから「当然と言えば当然」なのかもしれませんが、「Jリーガーになりたい!」という子供が1人もいなかったことがある意味ショックでした・・・。

子供たちの夢を聞いてから「バルサの選手になるためには、Jリーガーになってそれから選ばれる方法があるけど、Jリーガーになるためには何人中何人がJリーガーになれると思いますか?」という質問をしました。

「1000人中1人しかJリーガーになれない」

という現実を子供たちに伝え「Jリーガーになることが難しい上にバルサの選手になれるのは・・・。」さらに厳しい現実を伝えました。

「そんな夢のないことを言わないで下さい!」と考える保護者の方がいらっしゃると思いますが、現実を伝えたのは子供たちに夢を諦めさせるのではなく「夢を持つ事と夢を叶える事は違うんだよ!」という事を伝えたかったからです。

「バルサの選手になりたい!でも、現実はそうとうかなり厳しそう・・・。それでも、夢を叶えたい!どうしたら夢を叶えらるのだろうか?」

と子供たちに自問自答させた後で、私から「夢を叶えるための大切な話し」を子供たちにプレゼントしました。

「夢を叶える為には、サッカーだけ頑張っていてはダメ。勉強も頑張りましょう。そして、お母さん、お父さんのお手伝いもしましょう。一つのことだけではなく、全てのことに対して頑張った人に神様からプレゼントがもらえます。それが、運です。夢を叶えるためには、運が必要なんだよ!」

子供たちはキョトンとしていましたが、この話は私の父からよく子供の頃から聞かされた話です。

「夢を叶えるためには、運・鈍・根が必要だ!」と、大人になった今でも父と会うたびによく言われます。今回、子供たちには時間の関係で「運・鈍・根」の「運」の話だけしました。

「運は自分で運んでくるもの!」

字のごとく「運は待つものではなく、自分で運んで来れるもの」だと私は信じています。「夢を叶えるためには運が必要。その運をどうやって自分のところに運んでくることが出来るのか?神様がどういう人に運をプレゼントしてくれるのか?」という話を私の講座でしました。

なんだか偉そうな話をしているように思えますが、尊敬している父から聞いた「夢を叶えるための方法」を子供たちにプレゼントしただけです。それ以上でも以下でもありません。

最後に、「サッカーを通じて運を神様からプレゼントしてもらった僕から君たちに運の大切さを話しているのは、サッカーへの恩返し。君たちは、大きくなって子供たちに夢を与えるような尊敬される選手になることが、まずサッカーへの恩返し。そして、夢が叶えられずプロのサッカー選手になれなくても、サッカーの指導者としてサッカーに恩返しをして下さい!」という話で私の講座を締めくくりました。

熱く語り過ぎて60分間の予定がナント90分間も話してしまいました・・・。

「90分間も集中して人の話を聞けない子は、プロのサッカー選手にはなれない!サッカーは90分間、集中して戦うスポーツなのだから!」

と心を鬼にして子供たちに言いましたが、心の中で「話しが長くてゴメンね!」とつぶやきました・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「夢を持つこと、夢を叶えること」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.lifeplan-support.com/mt/mt-tb.cgi/29