保険の賢い見直し方を保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料でアドバイスします!|生命保険|学資保険|見直し|比較|無料相談

ファイナンシャルプランナーによる無料保険相談サイト!

『特別』な日本サッカー界について

ご無沙汰しております。

昨年、PCのハードディスクが2度もクラッシュしてから、ブログを書くリズムを失ってました。

「気が向いたら書こう」と思ったら、結構、時間が経ちましたね。

まぁ、どうでも良いことですが、何を書こうかと思ったら「『特別』な日本サッカー界について書きます」って前回のブログで書いてました。

とりあえず、続きを書きます。

さて、指導方針の違いでも書きましたが、日本では『当たり前』だと思われることも世界から見たら『特別』に見えることが日本サッカーでは多いです。

そういう意味でいうと、世界のサッカーと日本サッカーを熟知しているオシム氏の言葉は本当にありがたいです。

サッカーは国のスタイルや価値を証明する場でもある

上記の放送内容で面白かったのは、海外のメディアはよく「日本選手は技術は高い」と評価してくれるので、日本人はその言葉を鵜呑みにしてある意味「定説」にしてきましたが、その「定説」をオシム氏は「日本選手の技術は、サーカスの技術です。」と、驚くような分かりやすい言葉で見事に喝破してくれました。

さすが、「オシム・マジック!」と感動しました!

「JFA」と「日本(国)」から離れたオシム氏がしがらみから開放されて、最近ようやく日本サッカーについて自由に、以前よりもましてパワルフに語ってくれるようになりました。

しかし、本来、日本サッカーを厳しく批判しなければならないメディアが「太鼓もち」ばかりで、誰かの言葉を借りなければ批判できないようでは、本当に情けないと思います・・・。

そのオシム氏も、JFAには命を救ってくれた恩義があるので、流石にJFAまでつっこんで語っていませんでしたが、上記の放送内容だけではまるで「選手」や「指導者」など現場の問題だけに聞こえてきます。

現場で汗を流して頑張っている仲間のことを思うと、オシム氏とは違う別な角度から日本サッカーについてアプローチしたいと思います!

話はさかのぼりますが、川渕氏がJFAの会長だった時に、OBJリーガーがJFAビルに集まって川渕氏の講演を聞く機会がありました。

その講演でさかんに「日本サッカー協会の強化」という言葉を何度も力強くおっしゃられていましたが、「日本サッカーの強化」という言葉を一度も川渕氏から聞くことは出来ませんでした。

川渕氏が「日本サッカー協会の強化」と何度も力強くおっしゃるだけあって、「日本サッカーが世界に誇れるようになったか?」と言われれば「?」がつきますが、JFAビルは「世界に誇れる自社ビル」ではないでしょうか?

何を言いたいのかと言えば、神田の駅前の雑居ビルでほそぼそとやっていた時代からここまで短期間にJリーグやJFAを強化した実績は本当に素晴らしいことだと思います。

ですから、その実績を「日本サッカー協会の強化」から「日本サッカーの強化」へシフトさえすれば、これからきっと短期間のうちに日本サッカーがJFAビルと同様に、世界に誇れるようになれると信じています。

そのためには、上記放送の中でオシム氏の最後の言葉にヒントが隠されていると思います。

「日本は他の分野のレベルが高いのに、なぜサッカーのレベルは高くないのか」

日本サッカーが世界に誇れるようになるために足りないものは、「コミットメント」だと私は考えています。

そこで、短期間に復活した良い例として引き合いによく出されるのが「ゴーン氏による日産復活」です。(世界同時不況で今の日産は苦しい状況ですが)

今更の話しですが、以前の日産は新しい車種を市場に送り出して、それがヒットしなくても、その責任が技術部門にあるのか営業部門にあるのかあいまいで、誰も責任をとろうとしない「無責任体質」であったといわれています。

「無責任体質」は政治家、官僚をはじめ日本人のお家芸ですが、コミットメントとは「目標と達成責任を明確にすることで、社員の挑戦志向、変革志向を高めようとしているのです。このように、トップの変革への強い意志と、社員の主体的な変革への参画と能力の発揮を促すこと」というです。

まず、JFAやJリーグから「トップは役職にしがみつくことなく、社員が主体的な変革への参画と能力を発揮できる組織になる」ことが出きれば、おのずと都道府県FAやJクラブも変わっていくでしょう。

ちなみに、日本体育協会の森喜朗会長は、定年の70歳を超えましたが、任期を延長して、そのまま会長の座に留まるそうです。ついでに、JOCの竹田恆和会長は61歳で年齢的に問題なく、4期目を迎えられました。

本当は日本サッカー界の問題ではなく、日本スポーツ界の問題なのかなぁと思う今日この頃です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『特別』な日本サッカー界について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.lifeplan-support.com/mt/mt-tb.cgi/64