保険の賢い見直し方を保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料でアドバイスします!|生命保険|学資保険|見直し|比較|無料相談

ファイナンシャルプランナーによる無料保険相談サイト!

日本サッカーの問題は、構造的な問題

前回、「日本人が英会話が出来ないのとサッカーが下手なのは、構造的に似ている!」と指摘しました。

つまり、日本人はテクニックはあってもサッカーが下手なのは、日本サッカー界の構造的な問題なのです!

選手に何も責任はないとは言いませんが、指導者や協会側の問題の方が深刻です。

例を上げれば切がありませんが、Jリーグ誕生後、自前の下部組織を持つことが条件になっていたため、Jリーグ引退後、指導者の知識や経験がないままに下部組織の指導者になった諸先輩達・・・。

諸先輩の中でもスペインやドイツやブラジルで指導者の勉強をしてこられた方もいらっしゃいますが、残念ながらそう多くはいません・・・。

そのような諸先輩達がクラブや下部組織を仕切っているために、折角、海外で学んだ知識や経験を現場で生かすことが出来ないと同期や後輩達の声が私の耳にも届いてきます。

そういう中で、セレッソの中谷さんの活躍は話だけ聞いておりますが、知識があり実績ある人材がクラブで活躍できる環境を1日でも早く整えて欲しいです。

もちろん、クラブだけではなく協会も学校、クラブ、トレセン、JFAアカデミーなど縦割り行政みたいなことを止めてもっと育成を真剣に考えなければ、代表だけの問題ではなくJリーグ自体が崩壊しかねない・・・というか、大分の問題などが表面化して崩壊しかかっているのですから、「待ったなし」の状態だと危惧しています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本サッカーの問題は、構造的な問題

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.lifeplan-support.com/mt/mt-tb.cgi/68