保険の賢い見直し方を保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料でアドバイスします!|生命保険|学資保険|見直し|比較|無料相談

ファイナンシャルプランナーによる無料保険相談サイト!

サイト運営者の紹介

fpweb_re09.jpg
ファイナンシャルプランナー
加納 秀益 (かのう ひでき)
1971年生まれ
東京都出身

【所属代理店】

ライフナビパートナーズ株式会社
(スルガ銀行100%出資小会社)
東京営業部 東京第3支社
ファイナンシャルプランナー 加納秀益
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-3-19-7F
TEL 050-3158-5022
FAX 03-3278-7373

【取扱保険会社】

生命保険会社 21社
損害保険会社 14社

【略歴】

1984年 国立 お茶の水女子大学附属小学校
1987年 国立 お茶の水女子大学附属中学校
1990年 私立 帝京高等学校
1994年 国立 鹿屋体育大学
1994年 浦和レッドダイヤモンズ
1995年 日本電信電話株式会社
1999年 ソニー生命保険株式会社
2004年 保険代理店として独立

加納さま.jpgのサムネール画像【趣味】

サッカー シニアリーグで奮闘中!
ゴルフ ベストスコア 70!
バイオリン 一応4歳から習っていました!

【モットー】

「幸せは成功ではなく成長にこそある」

人生では、お金をいくら持っているかによって幸せが決まるわけではありません。
人生はどれだけ自分の好きなことを貫いたかによって、幸せが決まると信じています。


※掲載している情報は、全て媒体側の許可を得て掲載しています。

【テレビ放送】

 
2005年放送 天職のとびら
※スタートボタンをクリックすると映像が見れます。

【掲載記事】

csc.jpg

Jリーグ キャリアサポートセンター 機関紙

【記事抜粋】


大切なのは「人との出会い」
保険の営業は人脈作りにぴったり

 scout2.jpgのサムネール画像
 雑誌 スカウト

【記事抜粋】

「保険の話しよりなぜ、きみが保険営業の仕事を選んだのか聞きたい」という顧客の言葉でハッとした。保険は顧客にとって人生の目的を解決する手段。重要なのはその目的を共有することなのだ。
tenshoku.jpg
雑誌 日経アソシエ

【記事抜粋】

「サッカーと保険は全く異なるフィールド。でも、自分を信じているから活躍し続ける自信がある」と加納氏。まず自分を信じることが天職をつかむ第一歩となるのだ。
offthe3.jpg  Jリーグ機関紙 オフザピッチ2004

【記事抜粋】

「保険の仕事は継続しますが、今、絶対に成功させたい事業がある。それが秀才アスリートの育成事業。子供たちがフットサルという素晴らしいスポーツを体験しながら、英語やそのほかの教科も学べるスペースの実現です。
蹴辺の人々.jpg
雑誌 サッカーマガジン

【記事抜粋】

プロサッカー選手として一流になることが出来なかった。しかし、様々な社会経験を通じて現在はプロのビジネスマンとして、サッカービジネスの中で奮闘している。

大学卒業後、1994年に浦和レッドダイヤモンズへ入団し、Jリーガーとしてプレイしていましたが、ケガと成績不振のため1年で解雇されました。

次のプロチームを探してプロサッカー選手として不安定な人生を過ごすことよりも、将来のキャリアを真剣に考えて、1995年に縁があってNTT九州(現NTT西日本)へ社員として入社し、仕事をしながらアマチュア選手としてサッカーを続けました。

アマチュア選手として仕事をしながらサッカーを続けている内に、サッカー引退後のセカンドキャリアを考え始めるようになりました。

セカンドキャリアは、サラリーマンとしてNTTで定年まで働くことよりも、「起業をしたい!」という強い想いがありましたが、27歳までサッカーしか知らなかった私は、「お金」や「アイデア」や「人脈(サッカー以外)」が全くないことに気がつきました。

そんな時に、ソニー生命保険からライフプランナーの仕事をしてみないかと声をかけていただきました。

折角、声をかけてもらっても、私は保険やお金のことについて全く知識がなかったのですが、お金のことを学びながら人脈を広げられて、良い出会いの中にチャンスがあるのではないかと直感的に感じました。

サッカー選手からライフプランナーになることを決心して、1999年にNTTからソニー生命保険へ転職をしました。

ソニー生命保険では、3年連続MDRTの資格を取得し、ライフプランナーとして自信を付けた後、2004年にソニー生命保険から代理店へ独立をしました。

現在は、特定の保険会社・商品に偏ることなく、お客様にあった最適なプランを複数の保険会社から提案できるファイナンシャルプランナーとして、お客様がより幸せな生活を送るために、人生設計を多角的にアドバイスしております。
poster.gif子供たちの夢と挑戦する気持ちを応援するプロジェクトとして、FCバルセロナスクールコーチ陣の全面的なご協力のもと、今年もFCバルセロナ キッズキャンプを2007年、2008年に横浜みなとみらいスポーツパークで主催しました。

FCバルセロナ キッズキャンプでは、ゴールデンエイジと呼ばれる日本の12歳以下の子供たちに、世界最高と称されるバルサの育成メソッドを本場FCバルセロナスクールコーチ陣から直接学ぶチャンスを提供します。

サッカー本来の楽しさ、国際感覚、フェアプレー精神、スポーツマンシップを学ばせ、「世界を舞台に活躍したい!」という、日本のジュニアサッカー人口の拡大とレベルアップを図ることが私たちの目的です。奮って一人でも多くの子供たちのご参加を心よりお待ち申し上げます。

FCバルセロナ キッズキャンプ 4つの魅力!

・FCバルセロナスクールのコーチが直接指導!
・優秀選手の中から1名を現地バルサスクール選抜の一員として、スペインの大会へ招待!
・FCバルセロナキッズキャンプトレーニングキットを進呈!
・FCバルセロナキッズキャンプ修了証を参加者全員に授与!


キッズキャンプ集合写真.jpg

FCバルセロナキッズキャンプ2007の優秀選手の中から選ばれた篠原君(11歳)がFCバルセロナスクール選抜チームの 一員として、2007年12月28日~30日までスペインのバレンシア近郊のRIBARROJAという町で開催されたALEVIN(10歳~11歳)クラ スの大会に出場しました。

バレンシアでの貴重な経験は、篠原君のサッカー人生に大きな足跡を残したはずです。現状に満足せず一流のフットボーラーを目指して今後の活躍を期待しています!

riki.jpg

横浜で開催したFCバルセロナキッズキャンプで使用したサッカーボールを神奈川県下の各養護学校に寄贈するため、各養護学校の代表として瀬谷養護学校にボール60個寄贈してきました。また、後援して頂いた横浜サッカー協会様へ、サッカーボールを寄贈してきました。
引退後のJリーガーの厳しい現実

Jリーガーは、プロ選手として活躍できる時間は決して長くはなく、引退後にどんな社会生活を送るかは選手にとって大きな課題。

Jリーグ選手協会が選手を対象に行ったアンケートでは、8割の選手が、引退後の生活について不安を抱いていました。

引退した選手がその後も自立して社会生活を営んでいけるように、また、現役で活躍している間も充実した選手生活を送ることができるように、Jリーグでは、2002年にJリーグキャリアサポートセンター(CSC)を設置されました。

Jリーグキャリアサポートセンター オフィシャルサイト

プロ選手としての経験を糧に、社会という大きなピッチへ 

多くの人々に夢と感動を与える、スポーツ選手。プロスポーツという厳しい環境で培った力、サッカーを通じて得た様々な経験を、次のステップである"社会"という大きなピッチで有意義に生かせるように、 引退後Jリーガーのキャリアサポートをしていきます。 

美しい緑のピッチを縦横無尽に駆け回り、卓越したプロの技術とひたむきなプレーでファンやサポーターを楽しませてくれるJリーグのプレーヤー。

目標達成に向けて努力する強い意思、清々しいスポーツマンシップやフェアプレー精神、プロスポーツ選手として培った経験や実力は、
ピッチの中だけでなく社会生活をする上でも大きな糧となります。

サッカーを通じて得た経験を引退後の人生にもフルに生かせるように、また次のステップに向けて新たな能力を身につけ、社会という大きなピッチへ羽ばたくために――。

サッカー界から有能な人材がたくさん輩出されるよう、今後とも、選手のために様々な支援活動を行っていきます。

ブラインドサッカーは、視覚障害者のスポーツとして開発されました。4人の「フィールドプレーヤー」と2人の健常者から成るチームでゲームが行われます。 「フィールドプレーヤー」は、視力の差を公平にするため、アイマスクを着用します。「ゴールキーパー」は晴眼者か弱視者が担当します。

また晴眼者が「コーラー」(声で選手を指示する)と呼ばれる指示者や監督を努めます。ブラインドサッカーは、障害者と健常者が力を合わせて戦う究極のコミュニケーション・スポーツなのです。

普段の生活の中で行動の不自由を感じていても、ひとたびピッチにたてば自由に走り、サッカーができる・・・その雄姿を沢山のひとたちに見て欲しいという想いから、ブラインドサッカーのサポートを行っています。

ブラインドサッカー協会 オフィシャルサイト

ブラインドサッカー個人スポンサーの募集ページ

20080623-00.jpg

日本サッカー協会が主催している「JFAここのプロジェクト」夢教室の夢先生として、さいたま市の鈴谷小学校で授業を行いました。

私にとって3回目の夢先生で、授業では毎回話す内容を変えています。今回のテーマは、「自分で決めた人生に本当の価値がある!」

前橋育英VS桐生第一